Art and Bags

Yoshihisa  Sekino

and

Studio and Gallery Shop

Galleria Verde

バッグデザイナー セキノ ヨシヒサとそのスタジオ、ギャラリーショップ ガレリア・ヴェルデ

僕が未だ二十代ももうすぐ終わろうとしている頃のことです。 僕は建築のデザインをしていました。 しかし、理想も希望も高すぎた僕に仕事はなかなか来ず、

父の会社で鞄持ちの仕事もするハメに。 そして、父の鞄が見られたものじゃない、と思った僕は鞄のデザインを、ついで折角なのでそれを元に自分で作ることに。

全く知識も道具も無く、おまけに革の知識も無くて始めたことでした。

助けになったのは割と近くにあった革のクラフト材料店で分からないことはここへ一々出掛けて教えてもらったり、自分独自の工夫で

問題点をクリアして制作しました。

結果、このバッグは大変に好評を博し、あちこちから作ってという依頼が来るようになり、

自分でおおいに楽しかった僕はこれをきっかけとして建築学的な力の分散方などを取り入れた他には無いユニークで美しいフォルムのバッグ作りに専念するようになりました。

あれからもう40年以上が経ちます。人生の中で色々な変遷がありましたが常にそれを使われる方が美しく見える、ということに心をおいてバッグを創って参りました。

実際の制作では出来るだけ金具類は使用しない、良い革を使ってシンプルで長く使えることに徹する、可能な限り自分で手縫いすること、をポリシーにしてまいりました。

手縫いのバッグは耐久性がありますので良い革を使った私のバッグは使い手の長年の愛着に応えられる、あるいはより一層風合いが増して美しい風情を見せてくれます。

次々と物を消費するシステムから脱して穏やかに暮らせるそんな社会の実現をバッグ作りからお手伝い出来れば、と念じて居ります。